ipad・アイパッド・タブレットのビジネス活用ならカタログクラウド

Catalog Cloud
   
  • 何ができるの?
  • どこが違うの?
  • 事例と利用シーン
  • 機能
  • 資料ダウンロード
  • 利用料金
  • ご利用フロー
  • 無料体験
  • アプリダウンロード
  • 事業提携



プランを決め、サイトから申し込む。


確認後、請求書をメールで発送


代金を指定口座に納付
 


作成管理画面URLとログインID、パスワードおよび企業コードを
メールで通知


作成管理画面から電子カタログを制作する。
アプリ版電子カタログおよびPC版電子カタログが制作できます


アプリをダウンロードする。アップルストアーおよびグーグルプレイで
「カタログクラウド」で検索し、該当アプリをダウンロードする


【iOS】:「カタログクラウド」アプリを開き、右上の「検索マーク」をタップ
します。検索欄に企業コードを入力して自社専用「ライブラリー」に
アクセスします。
【Android】: 「カタログクラウド」アプリを開き、企業コードを入力して自社
専用「ライブラリー」にアクセスします。


「カタログクラウド」アプリの「ライブラリー」画面から制作した電子カタ
ログをダウンロードすれば、MY本棚に保存されます。





スマートフォン・タブレットでAppStore、GooglePlayより「カタログクラウド」と検索してアプリをダウンロードしてください。

【iOS】:「カタログクラウド」アプリを開き、 右上の「検索マーク」をタップします。 検索欄に企業コード(ID)を入力し 企業コードボタンをタップしてログインしてください。
【Android】: 「カタログクラウド」アプリを開き、 企業コード(ID)でログインしてください。

作成管理画面で制作し公開された
全ての電子カタログが表示されます。

ダウンロードした電子カタログとストリーミングで 閲覧した全ての電子カタログが表示されます。

「カタログクラウド」の電子カタログ作成管理者ページです。
お申込みの際に発行されたIDとPWでログインすることができます。

「カタログクラウド」の電子カタログ作成管理画面のトップページです。
作成管理画面では電子カタログの制作、編集することができます。

ログインページ(http://catalogcloud.net)で、企業コードと社員コードを入力後ログインすると、カタログクラウドPC版がご利用できます。

実物の本をめくるような感覚でページを めくることができます。

ディバイスを横向きにすると見開きで
電子カタログを閲覧することができます。

画面のどの部分でも1回タップすると画面の上下にメニューバーが表示され、もう1回タップすると上下のメニューバーが非表示になります。

下段メニューバーの上のスライドバーで簡単に 閲覧したいページに移動することができます。

画面のどの部分でも2回連続でタップすると2段階まで拡大し、もう一度2回連続でタップすると元の大きさに縮小します。

上段メニューバー右端のしおりマークをタップすると、ページにしおりを設定することができます。

電子カタログ作成管理画面で設定した目次を確認することができます。
目次名をタップすると該当ページに移動します。

ビューアー画面の輝度を調整することができます。

ビューアーを閉じて、もう一度電子カタログを閲覧する際に前回の続きから読むことができます。

リンク先は作成管理画面で指定した色にマーカーされ点滅します。 タップすると設定したインターネットサイトや該当ページに移動します。

電子カタログの指定した部分でYOUTUBEなどの動画が再生されます。

ペン機能を使用し、電子カタログ内に書き込みができます。

メモ機能を使用し、電子カタログ内にメモを挿入することができます。

上段中央の「PC」ボタンをクリックするとPC版作成管理画面に移動します。

PCの作成管理画面からPDFやJPEGファイルをアップするだけで自動的にPC版電子カタログが生成され、ウェブ上に自動的に反映されます。専門的な技術は必要ありませんので自社内で簡単に電子カタログの作成・更新・管理ができます。

「カタログクラウドのPC版は各企業コードでアクセスすると、
自社が制作した電子カタログだけが本棚に表示されます。
パソコンやノートブックでの営業やプレゼンに活用できますし、
自社の電子カタログを配信することもできます。
また、PC版電子カタログはURLが表示されますので、それを自社のホームページからリンクをかけることもできます。」

商品カタログ、パンフレット等に使用すれば、クチコミ効果が期待できます。マニュアル等に使って、顧客・販売者間の質疑応答に活用するのも便利で効果的です。また書籍や雑誌などに適用させ利用者が本の上で意見を述べ合うソーシャル・リーディングとして活用することも可能です。この機能はオン・オフが管理画面から設定ができます。

電子ブック・カタログを全世界に配信するため各言語別のデザインテンプレートを準備しました。 テンプレートデザインは日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に管理画面からクリック1回で簡単に変更できます。
他の言語の追加もカスタマイズで可能です。

PC版電子ブック本棚システムを別途ご契約頂ければ、作成した電子ブックを無料・有料で本棚形式で公開、閲覧ができます。自社の総合カタログ、広報誌、自社資料、論文などの電子カタログに適しています。電子ブックを有料で販売する本格的な電子書店も可能です。作成ソフトから生成した電子カタログは自動的に本棚に表示され閲覧できるようになります。

管理画面からバックナンバー機能の設定が簡単にできます。バックナンバーを設定し登録すると電子カタログの左側のメニューの一番下の「バックナンバー」ボタンをクリックすると登録した電子カタログのバックナンバーのサムネールが表示され、それをクリックすると、その電子カタログに移動することができます。月刊誌や季刊誌の電子ブックをそれぞれ作成して相互にリンクをかけることができ便利な機能です。

電子ブック・カタログの背景画面となる壁紙イメージを管理画面から自由に入れ替えることができますので豊富なデザインのバラエティーを楽しむことができます。管理画面にはテンプレートサンプルを準備してありますので、そこからお気に入りの壁紙デザインを選択すればリアルタイムで電子カタログに反映します。またご自信で準備した壁紙デザインをアップすることも簡単にできます。

ページごとにフラッシュ効果を簡単に挿入できアクティブな電子カタログの作成が可能です。管理画面からフラッシュサンプルを選んでボタンひとつで各ページごとにフラッシュ効果を入れることができます。またご自信で準備したフラッシュファイルををアップすることも簡単にできます。

電子カタログページのご希望の箇所に簡単にリンクを設定できます。別のホームページなどへの外部リンク、電子ブック内のページへのリンクなどの設定が管理画面からボタンひとつで可能です。また、電子カタログページのご希望の箇所に簡単に動画の挿入が可能です。挿入場所もカーソルを合わせるだけで自動的に設定されます。動画ページをめくると自動的に動作させるかボタンを押してから動作させるかの設定ができます。

指定のページ範囲内だけ閲覧できる「立ち読み機能」を管理画面から簡単に設定することができます。指定のページ数を超えるとIDとパスワードを入れてくださいという警告文が自動的に表示されます。有料販売の電子書店を運営するときは、サンプル閲覧から購入へと誘導するときに便利です。

mp3ファイルの音声を制作ソフト管理画面からアップすると、ページごとに自動的に読み上げてくれる機能です。絵本やマニュアルの説明などに役に立ちます。弊社ではプロの声優によるナレーション録音サービスもしております。他社ではこの機能は有料オプションですが弊社では無料で標準装備してあります。

画像データより格段に見やすい「デジタルチラシ」を簡単に作成することができます。また「コミック」の場合も1ページ表示で大きく見せることができますので拡大しなくても文字を読むことができて便利です。

両端の矢印をクリックするとページをめくることができます。電子ブックの左下・右下にカーソルを持っていくと、実物の本をめくるような感覚でページをめくることができます。